黒いソファ

大阪で人気のリフォーム会社の選び方とは

大阪で人気のリフォーム会社の選び方、それは営業マンにどんどん質問をしてみることです。大阪で人気のリフォーム会社は営業マンも現場のこと、商品のことをよく知っているはずですから「ここぞ!」とばかりに回答してくれるでしょう。
逆に悪いリフォーム会社ならば、そこは建築業界の悪しき慣習「下請け丸投げ・中抜き」することしか考えていませんから営業マンも上辺の知識しかありません。あらかじめ壁紙なり床材なり予習しておいて、少しイジワルなぐらいの質問をぶつけてみましょう。先ほど「下請け丸投げ」が建築業界の悪しき慣習とはいったものの、現代の高度化した建築では一口に大工さんといっても完全に分業制です。木工職人、クロス職人、防水工、電気工、配管工などなどさまざまな作業員が関わります。当然関わる会社が多いほど経費が上積みされていきますから、できるだけ自社で作業員を抱えている会社ほどお得にリフォームができるでしょう。
最後に、建築業界には3Sという言葉があります。3Sとは「整理整頓・清掃・しつけ」の略です。営業マンや作業員、会社の玄関や応接室の整理整頓・清掃・しつけをよく観察しましょう。それが出来ている会社なら大阪で人気もあり、きっとあなたのお家もステキにリフォームしてくれることでしょう。

雨降って地固まるとは此の事ですね

我が家では大阪で約1年程前に老朽化した一世帯用の一軒家を二世帯用にリフォームし、私と夫の他に子供2人と夫の両親の総勢6人家族が暮らしています。家そのものは夫が未だ高校を卒業したばかりの頃に義父が建てたそうですが、リフォーム前の佇まいを思えば築30年強の歴史というのも頷けますね。今は人気の二世帯同居で暮らしていますけれど、大阪で夫の両親と私達家族が共に暮らす様に成ったのはリフォーム後の事です。
リフォーム前の家では夫の両親が2人だけで住み、私達家族は大阪から少し離れた場所に賃貸マンションを借りていました。実家は夫が就職した時期に建てた家ですから傷んで来ているのです。しかし義父は自ら建てた家への想い入れに加えて面倒臭さも有った様ですね。所が或る時義母から掛かって来た一本の電話で状況が一変、「2階の寝室で寝ていたら雨漏りがして大変なの!」とSOSを発信して来たのです。
私達は何時か雨漏りすると予想はしていましたが案の定で、夫は慌てふためく両親を宥めつつ同居を条件としてリフォームする様に説得しました。余程切羽詰まっていたのか即答で「分かった頼むよ」と義父の声。其処で私達は大阪で人気の工務店に6人家族で住むに相応しい二世帯住宅を希望したのです。大騒ぎの建て替えから1年が過ぎて今では家族6人楽しく暮らしていますよ。

子どもたちのためのリフォーム

幼稚園と小学生の3人の子どもがいる弟たち家族が最近人気のリフォームをしました。私たちの大阪の実家に住んでいた弟たち家族。築30数年の実家は、至る所に経年劣化が見られました。
例えば、浴室のひび割れ、トイレの水漏れなど水まわりなどの経年劣化は著しく、いずれもリフォームをしたみたいです。そして何よりも印象的だったのが、2階の6畳和室2部屋をひとつの空間にして、人気のフローリングの子ども部屋にしたところでした。別に、家族皆で寝る寝室を設けていたので、2階のその部屋はセカンドリビングさながら、子どもたちが目一杯遊び、家族皆が寛げる空間になっていました。先日弟たちの家に遊びに行って、大阪でリフォームをするとこんなに家の中が変わるのかと、私も驚きました。昔ながらの小さい部屋がたくさんあるのも趣があって良いのですが、フローリングで広い洋室も開放感があって、とても居心地がいいものでした。
弟たち家族が人気のリフォームをしたところを目の当たりにして、自ずと私たち家族も、大阪の自宅のリフォームについての関心が増しました。私たちの自宅も築15年になるところ。そろそろ、外壁やキッチンのリフォームをするのも良いかなと、夫婦で話し合ったりしています。


数多くのリフォーム業者があるので迷ってしまいがちですが、人気のリフォーム業者を選べば失敗なんてありませんし、理想を実現することができます。大阪で人気のリフォーム業者は淀川区のグローセで決まりでしょう!真心のこもった対応に手厚いアフターサービスが魅力的な会社です。大阪でリフォームをお考えなら是非グローセに問い合わせてみてくださいね♪

TOP