黒いソファ

両親のためのリフォーム

70代の私の両親が住む大阪の実家は、さすがに築40年近く経っていることもあり、至る所にガタがきていました。そこで、昨秋に私たち夫婦で話し合い、両親の住む実家をリフォームすることにしました。リフォームすると言っても、予算が当然ありましたから、経年劣化などダメージ具合と、日常生活での使用頻度などを考慮して、今回はトイレと玄関をリフォームすることにしました。
トイレは、ウォシュレットで便座が温たまるスタンダードな便器に交換し、便器近くに手すりを設置しました。
玄関はアプローチ部分と、上り口の部分をフラットにし、車椅子でも通れるような幅を持たせました。玄関ドアもスライド式にして、間口を広げることもしました。
実際にトイレと玄関のリフォームを、それぞれ別の業者にお願いしましたが、どちらも事前の見積もり通りの施工になり、費用面でも満足のいくリフォームになりました。リフォームを終えて、喜ぶ両親の姿を見て、本当に良かったと、夫婦で喜びました。両親がいつまでも、仲良く、住み慣れた我が家で暮らしていってほしい、そのためにも、また必要があれば、今回のように住宅リフォームをするなどのサポートをしていきたいと、考えているところです。

TOP